初めての脱毛 妊娠中にあの光は大丈夫?

妊娠中に施術ができないとよく言われるのは、効果が出ずらいからです。
直接お腹の赤ちゃんに影響が出るというわけではありません。

妊娠中というのはホルモンバランスが乱れ、毛の周期が変わります。
通常毛の周期に合わせて2~3か月に1度のペースで施術を行います。

例えば毛の周期に関係なく毎日施術を行ったからといって
さらに効果が高まるというわけではないのです。


この毛の周期が乱れると、施術ペースをつかめなくなります。
同じ施術をしても効果が半減してしまう可能性があります。
それでも回数が減ってしまうので損をすることになると思います。

効果以外にも、妊娠中は肌が敏感になります。
今まで何の問題もなかったお肌でもかぶれやすくなったり敏感肌になることもあります。
そこで施術を行うと肌トラブルにつながる可能性があります。

そもそも脱毛は、毛の元に熱によってダメージを与えることで生えにくくさせます。
お肌が敏感だったり弱っているときに行うのは良くありません。

効果も出ずらい、肌トラブルの可能性もあるということから
妊娠中は施術できないことがほとんどです。

また、光脱毛は日焼けしている方や色素沈着している部位には施術できません。
光が黒い色素(毛根)に反応しダメージを与えるのです。

Vラインは色素沈着している可能性が高い部位でもあります。
そんなひどくなければ施術に問題はありませんが、他の部位に比べ少し痛みを強く感じるかもしれません。
先に体験で受けておくのが安心でしょう。

光は体に直接悪影響を及ぼす光ということではないので安心してください。
しかし上にも書いたように、熱によって毛の元にダメージを与えます。

なので炎症や火傷などの危険性はゼロではない
ということを頭に入れておかなければなりません。

元々の肌質も関係あるかもしれませんが、
少しでも施術を間違えることによって肌を傷つけることになります。

そういったことがないように、
ご自身が安心・信頼できるところで脱毛してもらうのがいいと思います。

名古屋で安心・信頼できる脱毛サロン
産後、ホルモンバランスの乱れが整ってから通うべき、名古屋で信頼できる脱毛サロンを掲載しています。
www.imc9.jp/