ショートパンツが合う脚毛は脱毛ワックスで

私は普段から、
気に入っているショートパンツをローテーションするコーディネートが大好きです。

冬はショートパンツの下にストッキングやタイツをはいて、
夏はサンダルを合わせてというのが定番になっています。

数年前まではムダ毛の処理を自分でしていたのですが、
長期の旅行時や予定が立て込んでる時の処理が 面倒になり、
頻繁にカミソリを使っていたせいかお肌も少し荒れてきてしまいました。

友人たちにムダ毛処理について質問してみたところ、
光脱毛経験者とワッ クス脱毛経験者がいて、
それぞれの詳しい話を聞くことができました。

私は光脱毛よりもリーズナブルに、
痛みの少ない方法を選びたいと思ったので、
脚のワッ クス脱毛をしてみることに決めました。

以前、インターネットで見つけて口コミも何も見ずに行ったエステサロンでは、
スタッフの接客があまり良くなく、
後悔 したことがあります。

その経験から今回は、
友人が通っているサロンを紹介してもらい、
脚を出すシーズン中は定期的に通うことにしました。

実際サロンに行っ てみると、
ワゴン周りに清潔感があり、
スタッフの説明や施術も丁寧で、
とても好感が持てました。

施術時間も思ったより短時間で終わり、
痛みも想像していた 程度でした。

今後は、脚にプラスして腕も脱毛しようか考え中です。

傷をつけずにVラインを脱毛するには

夏になると水のレジャーを楽しむ方が増えてきます。

レジャー自体も楽しいのですが、
そのときに身に付ける水着を選ぶのも楽しいものです。

たくさんの水着の中から、
ご自分の好みのものを選ぶのですが、
その水着を着る時もまた楽しいものです。

しかし、水着を着た時に水着からはみ出して見えるむだ毛があったら、
楽しみも半減してしまいます。

それどころか、恥ずかしい思いをしてしまいます。

これではせっかくのおしゃれな水着も台無しです。

そこで、水着を着る前にVラインをきれいにしておかなければいけません。

Vラインは自分でもよく見える場所なので、
自分で処理を試みる方も多いです。

しかし、自分で脱毛をすることはお勧めできません。

Vラインの肌はとてもデリケートで弱いので、
剃刀負けをしたり、
毛貫で抜いてもそこに傷ができてしまい出血をしてしまいがちです。

また、うまく処理できたとしても再び毛が生えてくるときに白いでき物ができたり、
皮膚の中に毛が埋もれてしまうということが起こります。

少し恥ずかしいと思うかもしれませんが、
エステでの脱毛をする方が安全できれいに処理することができます。

恥ずかしいのも最初だけで、処置が始まってしばらくすると案外平気になってしまうと言う方が多いです。
とても大切な場所ですので傷を付けることなくおしゃれを楽しめるエステでの脱毛をお勧めします。

医療レーザー脱毛とエステの使用方法の違いについて

脱毛を行おうとする場合、どの場所で行おうかと悩むことがあります。

それは、脱毛をすることによって、よりきれいにしてもらえるところはどこだろうと、
考えているためです。

また、金銭的にも安いところがいいと考えることもあります。

しかし、一番としては、脱毛の結果がきれいに仕上がるところを求めるものです。

そして、その場合、その人によって、エステより医療レーザー脱毛のほうが適している場合があります。

エステの場合は、そこの専門家が脱毛を実施してくれます。

そして医療機関のエステとの違いは、
その専属の医師が実施することになります。

ですから、実施する人に違いがあるのです。

そのため、脱毛をした後のケアも実施した人によって違うこととなります。

そのため、皮膚が弱い人などは、
脱毛の刺激によって、皮膚にトラブルが起こる可能性もあるため、
医療機関で実施することをおすすめします。

医療レーザー脱毛の場合は、
医師により必要時に軟膏や内服薬などの処方をしてもらうことができます。

ですから、そのような心配がある人は医療機関での実施がいいのです。

エステサロンでも、通常の脱毛後のケアをきちんと行ってくれますので、
その点は安心して脱毛を行なうことができます。

脱毛特集/福岡でイチオシの脱毛サロン
ツルスベ肌におもわずニッコリ!福岡脱毛エステであなたも美肌を実感してください。
www.jeux-buzz.net/

初めての脱毛 妊娠中にあの光は大丈夫?

妊娠中に施術ができないとよく言われるのは、効果が出ずらいからです。
直接お腹の赤ちゃんに影響が出るというわけではありません。

妊娠中というのはホルモンバランスが乱れ、毛の周期が変わります。
通常毛の周期に合わせて2~3か月に1度のペースで施術を行います。

例えば毛の周期に関係なく毎日施術を行ったからといって
さらに効果が高まるというわけではないのです。

続きを読む

肌がきれいな状態を保てる脱毛器ってありますか?

脱毛器というのは、ソイエなどの毛を抜くタイプのものですよね。
埋もれ毛や黒ずみになるのは、機械関係なく起こります。

毛は無理に抜くことで、埋もれ毛や黒ずみだけでなく、毛穴が広がり汚いお肌になってしまいます。
お肌のことを考えると継続して使用するのはお薦めできません。
毛が気になって始めたのにお肌が汚れてしまっては本末転倒です。

続きを読む

脱毛にかかる時間と価格

恐らくですが、レーザーを当てている時間ではなく、準備やケアも含めてだと思います。
施術前に今日の状態を聞いたり、ガウンなどに着替え、アクセサリーも外します。
それから今日の説明を少し聞いて施術をスタートします。

施術後は脱毛した部位を冷やしたり、ケアを行います。
細かなところは施設によって異なりますが、おおよそこのような流れで行います。
これらを全部含めた時間かなと思います。

続きを読む

脱毛器での自己処理の仕方

逆毛に抜いているようであれば、説明書通り毛の流れに沿って使用してください。
脱毛器を使用する際には毛を少し伸ばす必要があります。
毛がねてしまうということは少し伸ばしすぎなのかもしれません。
もう少し短めに、毛がねない程度に伸ばして試してみればうまく抜けると思います。

そして黒ずみに関してですが、使い方の問題ではありあません。
毛を抜くという行為が黒ずみにの原因になっています。
毛を抜くということはお肌に大きな負担がかかります。
毛を抜くことで毛穴が開き、炎症などの恐れになります。
そして毛穴も開き、見た目が汚いお肌になってしまいます。
埋もれ毛の原因にもなります。そして繰り返すことで黒ずみになってしまうのです。
続きを読む

脱毛器は痛い?

痛みの感じ方に関しては個人差がありますが、やはり脱毛器は痛みを感じると思います。
毛を一気に抜いていくものなので無痛と言うことはありません。

脱毛器は毛を抜くための機械なので、毛が抜ける瞬間の痛みに関しては差はそんなにないと思います。
持ちやすさや使い勝手などで決めてよいかと思います。

人気のソイエとブラウンを比べると、音は、ソイエの方が静かです。
ソイエはパナソニック製で日本のメーカーです。

ブラウンは海外のメーカーなので、ソイエの方が日本人に合った繊細な機器だと思います。
音や使いやすさにこだわって作っているので。どちらかというとソイエの方が良いのではないかと思います。

続きを読む

自己処理は手間をかけてないだけ?

脱毛を失敗しないためにはしっかりとしたエステサロンを選ぶことが確実ではありますが、
現在は自宅でも脱毛をきれいにすることができるようになっています。

自宅での脱毛にはいろいろな方法がありますが、
やはりすべては素人の自己責任になりますので事前にしっかりとした知識をつけることが大切です。

今回は自宅脱毛についてのメリットやデメリット、
さまざまな方法やケアなどを見ていきたいと思います。

続きを読む